開業資金はどうする?

創業(起業、開業)時においても、融資をしていただける

日本政策金融公庫は特に創業(起業、開業)時においても、融資をしていただけるというのは、とても有り難いです。

 

 

もちろん、開業後の運転資金や設備資金についても、要件・条件を満たすことで、受けることができます。

 

 

融資ならまずは日本政策金融公庫と言われる所以もご理解いただけるでしょう。

 

 

日本政策金融公庫は開業時こそオススメ

 

 

日本政策金融公庫では、新たに事業を始める方や創業後間もない方を対象とした下記のような制度が設けられております。

開業資金は大丈夫

 

 

挑戦支援融資制度

 

 

 

 

新創業融資制度

 

 

無担保・無保証人で1,500万円以内受けられる。

 

 

新規開業資金

 

 

7,200万円以内(運転資金4,800万円以内)受けられる。

 

 

女性、若者/シニア起業家資金

 

 

7,200万円以内(運転資金4,800万円以内)受けられる。

 

女性、若者 シニア起業家資金融資を詳しく

 

開業時には必要な資金が多くなりがちです。

 

 

長期固定で金利が安いので開業時・創業時には大変有効です。

日本政策金融公庫の第三者保証人等を不要とする融資

開業資金で悩む

日本政策金融公庫融資制度の中には、第三者保証人等を不要とする制度があります。

 

第三者保証人等が不要という事は、ご家族や社内の役員の方などの保証のみでの融資を受けられる制度であるということです。4,800万円以内の運転資金・設備資金の融資を日本政策金融公庫より受けられます。

 

なお、返済期間については、運転資金は5年以内返済、設備資金は10年以内返済となっております。

 

 

なお、条件面としては下記の項目がございます。

 

 

1.税務申告を2期以上行っていること

 

 

2.原則として、所得税等を完納していること

 

 

第三者の保証人になっていただくことはとても大変なことですから、この制度はとてもありがたいですね。

 

理由は日本政策金融公庫の理念と特徴

 

【参考】普通貸付

日本政策金融公庫の新規開業資金(新企業育成貸付)

日本政策金融公庫の新規開業資金(新企業育成貸付)について

 

 

「新規開業資金」は「新創業融資制度」の適用を受けた後、第3期から第5期くらいまでの間に利用する制度です。

気分を新たに開業資金

 

融資を受けるための条件は、新創業融資制度より若干緩和されて、雇用を創出したか又は過去に同じ業種で3年以上勤務した経験があることなどが条件になります。

 

 

融資額は設備投資がMAXで7200万円、運転資金で4800万円、利率は基準金利だけになります。

 

 

提出する書類は「企業概要書」と「融資申込書」が必要になります。

 

 

書き方は新創業融資制度と同じです。保証人や担保については、第三者保証が求められるケースがあります。

 

 

実際は経営状況によって求められるものが変わってきますが、本来は「保証人、担保についてはご希望をお伺いしながら」ということになっています。

 

 

このあたりは無理をせず正直に面接官に相談するのが良いでしょう。

 

【参考】生活衛生貸付

 

【参考】地域雇用促進資金

中小企業資金調達方法

中小企業資金調達方法

 

 

中小企業向けの融資は、下記のような種類があります。

 

 

日本生活金融公庫、中小公庫などの政府系金融機関

 

 

金利が低く、長期で借り入れることができる。

 

 

また、創業直後の中小企業にも積極的に融資を行っている。

 

無担保・無保証人の融資有り

 

銀行(都市銀行、地方銀行、信用金庫・信用組合)

 

 

中小企業の融資については、一般的には、信用保証協会の保証付き融資を受けることになります。

 

その後、返済実績や好調な経営状態などを示すことで、銀行独自の融資であるプロパー融資を受けることができるようになります。

 

日本生活金融公庫に比べると一般的には金利が高くなり、金利は企業の経営状態によって、変わってまいります。

 

 

ビジネスローン

 

 

審査が短期間であり、融資実行が早いという特徴があります。

 

一方で、金利が高くなりますので、注意が必要です。

 

 

ノンバンクの事業者ローン

 

 

融資実行が早いという特徴がある一方で、融資の中には、金利や手数料が非常に高くなるものがあります。

 

『確実に返済できるという自信がある。』という方以外は、申し込みには慎重な注意が必要です。

 

 

投資

 

 

ベンチャーキャピタル、エンジェル(個人投資家)、公的投資機関・金融機関、ファンド(投資ファンド)

 

 

その他、身内・知人・友人からの借入など